塗料が体に与える影響

外壁塗装で健康にとって問題とか無いの?塗料が体に与える影響について解説しています。

塗料が体に与える影響

外壁塗装は、住んでいる建物などの外壁を塗装したり、塗装をし直したりする作業で、建物の美観の維持と定期的な建物維持メンテナンスとして行われます。外壁塗装を行う上では、専用の塗料を用いるのが一般的で、問題となるのはその塗料の臭いです。

臭いが問題となるのは、まずその原料として何を使用しているかによって大きく左右します。大抵の臭いの元はシンナー系の臭いで、その原料はイソプロピルアルコール、1ーブタノール、メタノールなどの有機溶剤が原因です。

もちろんシンナー系の臭いは体への影響も指摘されており、その刺激臭を吸い続けると頭痛、めまい、吐き気、睡眠障害などの症状が起こります。その他に目や鼻が過敏になりアレルギー症状が起きたり、のどの渇きなどが発生します。

なかでもシンナーは薬物としても知名度もあり、それを吸うと中毒症を引き起こすことで有名な有機溶剤です。また長期間にわたり吸い続けるとシックハウス症候群やノイローゼ、呼吸困難、不妊などといった体への影響も起こることすらあります。

他にも人間は口や鼻から吸い込むだけでなく、皮膚からも呼吸を行っている点もあり、皮膚から入りこんでかぶれや湿疹、かゆみなどの症状も発生するため、赤ん坊には注意が必要です。そのため、外壁塗装を行う上では、塗装作業者や近隣の配慮と同じ様に建物内部に住んでいる住人も配慮していかなければなりません。

現在は外壁塗装などを行う上では、そういった有機溶剤の塗料を用いる場合は、作業環境測定・蒸気発生源対策・作業主任者の選任の義務化が行われます。それとともに有機溶剤を原料とせずに、比較的に臭いが強くない水溶性の塗料が開発されています。

ただいずれの対策を講じたとしても、塗料には幾らか体への影響を与える化学物質が含まれているため、万全と言えるものではありません。一番良い方法は外壁塗装の工事を終了し、塗料の溶剤が揮発してしまうのを待ち、それを確認したら住むことです。密閉の部屋空間よりも通気性の良い部屋の造りにすることでも、塗料の臭いの体への影響を防ぐことができます。

外壁塗装見積術テクニック

関連ページ

リフォーム詐欺の防ぎ方
リフォーム業者でこんな業者に要注意!リフォーム詐欺の防ぎ方についてわかりやすく解説しています。
リフォーム営業、営業マンの見抜き方
リフォーム業者選びの際にこれは重要!リフォーム営業、営業マンの見抜き方について解説しています。
外壁塗装、工務店に依頼する場合の注意点
このポイントをおさえて外壁塗装で満足しよう!外壁塗装、工務店に依頼する場合の注意点について解説しています。
意外に多い外壁塗装業者とのトラブル
外壁塗装業者との間でのよくある問題とは?意外に多い外壁塗装業者とのトラブルについて解説しています。
事前の情報集めの必要性
外壁塗装を業者に依頼する前にやっておくべき重要な、事前の情報集めの必要性について解説しています。
トラブル回避のための契約書や見積もり書
外壁塗装を業者とのトラブルを絶対に避けるためにはコレ!トラブル回避のための契約書や見積もり書のポイントについて解説しています。
外壁塗装見積もりサイトについて
外壁塗装をトラブルなくスムーズに行うために利用すると絶対オトク!外壁塗装見積もりサイトについて解説しています。
外壁塗装の時間や騒音
外壁塗装行う時間や騒音でトラブルの原因になってしまう?外壁塗装の時間や騒音についての注意点などを解説しています。
近隣に迷惑をかけてしまった場合の対応
外壁塗装でのご近所トラブルは絶対に避けたいですよね?近隣に迷惑をかけてしまった場合の対応について解説しています。

▲TOP