外壁塗装に適した時期や気候

外壁塗装は外で行う工事だけに、天候や季節の影響は少なからずありそう…外壁塗装に適した時期や気候はどんなものなのかを解説しています。

外壁塗装に適した時期や気候

外壁塗装で重要なのは、仕上がりの完成度です。仕上がりのポイントは、壁材に適している相性の良い塗料を選んでいるかです。完成度のポイントは、下地が乾燥しているのを確認してから塗料を塗装しているかです。仕上がりの完成度が高ければ、外壁塗装の塗膜は長持ちします。

仕上がりの完成度を、どの程度まで高くできるのかが重要ですから、まずは塗装業者と念入りに打ち合わせをしましょう。念入りな打ち合わせができれば、一年を通して時期や気候に必要以上にこだわらずに済みます。基本的に季節ごとに長所と短所があります。気候を気にするときに忘れてはならないのが、雨だけではなく日照時間です。

日照時間が長ければ、一日あたりの施工時間を長く確保できます。日照時間が短いと一日あたりの施工時間は短くなってしまいます。外壁塗装の施工日数は費用に影響します。外壁塗装の塗料は気温が五度以下の環境下では、乾燥しにくい傾向があります。気温が三十度を越える高温の環境下では、早く乾燥しますが塗膜に気泡が発生してしまう懸念が出てきます。

四季それぞれの特色を把握するときは、平均気温、平均湿度、平均降水量を参考にすると良いでしょう。春と秋は気温が平均的に安定していますし、穏やかな気候ですから、施工の時期に良いと言えます。春と秋は降水量が多くなくても、平均的に雨の日が多くなる傾向もありますし、全体的に湿度は高めです。降水量が少なく、湿度が低いのが冬です。

冬は雨の日が少なく、乾燥しがちな気候ですが、気温が低いため塗料が乾燥するのに時間が多く掛かります。冬は日照時間が短いので、作業時間は短く、施工日数が増える可能性も高まります。夏は降水量が多くなる一方で、集中的に雨が降る場合が多く、晴天の日が多い傾向にあります。

夏は日照時間が長く、一日あたりの作業時間を長く確保できるので、施工日数を短くできる可能性が高いです。夏の直射日光による高温で気泡が発生しやすい短所が大きいのが難点です。時期と気候を気にするよりも、どのような条件下であっても、仕上がりの完成度を高めて、長持ちする塗膜にできるかが重要です。

外壁塗装見積術テクニック

関連ページ

塗料の種類
外壁塗装でハウジングメーカーに依頼するケースは良く有ります。その際に失敗しないために注意しておくべきポイントについて解説しています。
優良業者紹介サービス【ヌリカエ】
外壁塗装はいきなり業者に交渉するまえにぜひこのサービスを利用すべき!外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】の活用のメリットについて解説しています。

▲TOP