悪徳リフォーム業者の手口

外壁塗装でリフォーム業者はしっかり選ばないと大変!絶対に頼んではいけない悪徳リフォーム業者の手口について解説しています。

悪徳リフォーム業者の手口

残念ながら、この世の中には誰かを騙して得をしようと考える輩がたくさんいます。そして、リフォーム業者と名乗る中にも、さまざまな手口を使う悪徳業者がいるのも事実なのです。真面目に営業したり、施工したりしている業者にとっては、本当に迷惑極まりない話ですが、一般の方がその手の悪徳業者の口車に乗せられてしまうことも結構多いのです。

なぜ、そのように悪徳リフォーム業者がはびこっているかというと、塗装やシロアリ駆除といったリフォーム工事であれば、大掛かりな機材も必要ではなく、また許可証なども取る必要がないからなのです。また、悪徳業者が営業で得た仕事の契約を下請けの職人に丸投げしても、一般人にはいい加減な内容か、きちんとしたものなのかが分かりづらいことが原因でもあるでしょう。

さて、悪徳業者の手口はさまざまですが、ひどいものは、飛び込み営業で住宅に住んでいる持ち主の不安を煽ってリフォームの契約をし、お金を受け取ったら連絡がつかなくなってしまうことがあります。また、モニター価格だといって安い料金の見積もりを提示し、それが騙しの手口となっている場合もあります。

そのうえ、点検と称して入り込み、異常がみられなくても、壊れていた、シロアリがいたなどと自作自演をすることもあるのです。その他にも、無意味な工事で高額な料金を請求したり、ずさんな工事をしておいて、見積りをしたときよりも大変な工事だったと申告をするものなどもあります。

ですから、リフォーム業者の営業が回ってきたときには、すぐに契約をしないで、地元などの地域に密着したほかの業者からも相見積を取るようにすると、比較するものが出来るので良いのではないでしょうか。そして、飛び込みのどこから来たのか分からないリフォーム業者ではなく、地元の店舗を構えている業者であれば、仕事の出来が評判に関わりますから、たいていはずさんな工事や作業は出来ず、良い仕事をしてくれるに違いありません。

外壁塗装見積術テクニック

関連ページ

外壁塗装の失敗例
外壁塗装で確実に満足するために知っておきたい、外壁塗装の実際での失敗例について解説しています。
ハウジングメーカーに依頼する場合
外壁塗装でハウジングメーカーに依頼するケースは良く有ります。その際に失敗しないために注意しておくべきポイントについて解説しています。
手抜き工事の外壁塗装業者
外壁工事でこんな業者には頼みたくない!手抜き工事の外壁塗装業者を見破る方法など、手抜き工事業者対策について解説しています。
業者と自分でするのはどっちがお得?
外壁工事は自分でやってしまう?業者に依頼するのと自分でするのはどっちがお得なのかについて解説しています。
外壁塗装業者の仲介機関の存在
外壁塗装業者に直接頼む以外の方法とは?外壁塗装業者の仲介機関について解説しています。
信頼できる外壁塗装業者とは
これが依頼すべき外壁塗装業者です!信頼できる外壁塗装業者の特徴を解説しています。

▲TOP