信頼できる外壁塗装業者とは

これが依頼すべき外壁塗装業者です!信頼できる外壁塗装業者の特徴を解説しています。

信頼できる外壁塗装業者とは

外壁塗装が汚れたり劣化した場合に、塗装工事をどこにお願いすべきか迷う人は多いと思います。手抜き等をしないキチッと施工してくれる、信頼できる業者とはどの様な施工会社でしょうか。

まず見積もりを依頼した場合には現地訪問をして、外壁塗装の現状をよく調査してくれる事です。そしてお客様の希望や要望を聞き取りしてくれる業者です。またその希望や要望に対しても、丁寧な説明やアドバイスをしてくれると信頼に値するでしょう。

次に見積書の提出ですが、見積内訳が全て1式工事になっているようでは要注意です。細かく面積を拾い出して単価も明確にしている見積書でなくてはなりません。場所によっては面積で金額を出せない場合藻るので、その場合は1式工事で出していても大目に見るようにしましょう。見積書に外壁塗装の材質を明記する事は当然の事ですが、信頼できる業者は使用する塗料の仕様書も添付してくれます。

この仕様書には使用する塗料の1缶当たりの塗面積や、施工方法つまり刷毛塗かローラー塗そして吹付等の明記があり仕上げまでに何回塗るかなどを詳細に書いてあるのです。塗装の養生期間や乾燥機間の必要な場合は、これらについても期間を明示してあります。

つまりこの仕様書通りの施工を実施しない場合は、施工工程で手抜きをしたと一般の人にも明らかに分かるのです。そして見積書の内容について詳しく説明をし、アドバイスまでしてくれるようなら信頼できる業者と言えるでしょう。

施工する場合は高圧水洗浄や下地処理を丁寧にしてくれる事です。特に下地処理はクラック部分や欠落部分の防水処理は丁寧に行い、下塗りのシーラー塗やプライマー塗などは塗り残しの無い様に注意して施工してくれるようなら信頼できる業者でしょう。下塗のシーラー塗やプライマー塗は本塗装の耐久年数をも左右する大切な工程なのです。

外壁塗装で信頼できる業者を見分けるには、見積書提出までの対応がお客様の立場になって対応しているかで判断できるでしょう。

外壁塗装見積術テクニック

関連ページ

外壁塗装の失敗例
外壁塗装で確実に満足するために知っておきたい、外壁塗装の実際での失敗例について解説しています。
悪徳リフォーム業者の手口
外壁塗装でリフォーム業者はしっかり選ばないと大変!絶対に頼んではいけない悪徳リフォーム業者の手口について解説しています。
ハウジングメーカーに依頼する場合
外壁塗装でハウジングメーカーに依頼するケースは良く有ります。その際に失敗しないために注意しておくべきポイントについて解説しています。
手抜き工事の外壁塗装業者
外壁工事でこんな業者には頼みたくない!手抜き工事の外壁塗装業者を見破る方法など、手抜き工事業者対策について解説しています。
業者と自分でするのはどっちがお得?
外壁工事は自分でやってしまう?業者に依頼するのと自分でするのはどっちがお得なのかについて解説しています。
外壁塗装業者の仲介機関の存在
外壁塗装業者に直接頼む以外の方法とは?外壁塗装業者の仲介機関について解説しています。

▲TOP