外壁塗装業者の仲介機関の存在

外壁塗装業者に直接頼む以外の方法とは?外壁塗装業者の仲介機関について解説しています。

外壁塗装業者の仲介機関の存在

外壁塗装を検討しているのなら、依頼する業者の種類を正確に把握するようにしましょう。外壁塗装は仲介業者を通して施工してもらう場合と、仲介業者を通さずに施工してもらう場合があるからです。

仲介業者を通さずに外壁塗装をしてもらえるのは、塗装専門業者と塗装専門店です。外壁塗装を施工する専門業者と直接に契約して施工してもらいますので、仲介手数料に相当する中間マージンが一切かかりません。中間マージンが一切かかりませんので、総費用額における節約効果を実感できます。仲介業者を通した契約よりも、中間マージンに相当する金額を安くできるわけです。

仲介業者を通した外壁塗装は、基本的に営業会社が中間マージンを取っています。営業会社に相当する営業マンがいる大手企業も同様です。営業会社の中間マージンと、大手企業いわゆるハウスメーカーの中間マージンは金額が異なります。会社の規模が大きくなればなるほど、基本的な中間マージンの金額は高くなっていると理解しておくと良いでしょう。

営業会社の存在は、外部からは分かりにくいので、見積りの時に説明を受けましょう。ハウスメーカーや工務店の場合は、どこが施工を請け負っているのかに注目します。外部の下請け業者に施工を依頼する契約になっていれば、ハウスメーカーや工務店が実際に外壁塗装を担当するのではなく、ハウスメーカーや工務店から業務を受ける形式になります。

元請けは、下請けや孫請けと呼ばれていて、中間マージンが発生します。外壁塗装に必要な工事費用は、中間マージンが発生するごとに増えてしまいます。

知名度のあるハウスメーカーや工務店に見積りを依頼するのと同時に、地域に密着して営業している外壁塗装専門業者にも見積りを依頼すれば、金額の違いが分かりやすくなります。仲介業者を通さずに契約すると、現場の担当者や職人とスムーズに話し合いができますし、なによりもアフターメンテナンスも将来的に担当してもらえますので安心できます。

外壁塗装見積術テクニック

関連ページ

外壁塗装の失敗例
外壁塗装で確実に満足するために知っておきたい、外壁塗装の実際での失敗例について解説しています。
悪徳リフォーム業者の手口
外壁塗装でリフォーム業者はしっかり選ばないと大変!絶対に頼んではいけない悪徳リフォーム業者の手口について解説しています。
ハウジングメーカーに依頼する場合
外壁塗装でハウジングメーカーに依頼するケースは良く有ります。その際に失敗しないために注意しておくべきポイントについて解説しています。
手抜き工事の外壁塗装業者
外壁工事でこんな業者には頼みたくない!手抜き工事の外壁塗装業者を見破る方法など、手抜き工事業者対策について解説しています。
業者と自分でするのはどっちがお得?
外壁工事は自分でやってしまう?業者に依頼するのと自分でするのはどっちがお得なのかについて解説しています。
信頼できる外壁塗装業者とは
これが依頼すべき外壁塗装業者です!信頼できる外壁塗装業者の特徴を解説しています。

▲TOP