外壁塗装の失敗例

外壁塗装で確実に満足するために知っておきたい、外壁塗装の実際での失敗例について解説しています。

外壁塗装の失敗例

塗装工事ほど一般の人にとって、正常に施工されているかの確認が難しい工事はないでしょう。それゆえに誤魔化しや手抜き等の工事でトラブりが発生するのです。そこで外壁塗装における失敗例を挙げてみましょう。

まずよくある事例は飛び込み営業で来られて、場所が良いので広告効果があるので外壁塗装をさせてほしいと営業マンが申し出てきます。広告効果があるので料金も通常よりも安くでします、と言うのが彼らの常とう手段なのです。もちろん料金は通常よりかなり高い金額から値引きを起こすので、通常より高い金額になっているのです。

また外壁塗装だけでも仕様書通りの仕事をしてくれると救われますが、施工段階でも手抜きをするなどの悪質な例もあります。出来るだけ塗装工事は飛び込み営業などにお願いするのは避けて、営業起点をしっかり構えている塗装会社や職人にお願いするようにしましょう。

次に考えられる失敗例はお客様が塗装会社に対して、必要以上に値引きを要求した場合などです。塗料は材質によって価格が違いますし、塗装回数なども違う場合があります。また下地の状態によっても、下地処理の方法や手間が違ってくるのです。それが分からない一般の人は、知り合いの家ではこれだけの価格で外壁塗装をしたのでうちも同じ価格でしてくれと要求するのです。

塗装会社は下地の状態や材質などを考えて、この家に最適と思われる材料や工法で見積もりをしているので、むやみやたらに値引きが出来るわけがありません。お断りする場合もあるでしょうが、仕事を必要としている塗装会社ではしぶしぶ引き受ける場合があります。

しかし塗装会社としても赤字で仕事をするわけにいかないので、材料などをワンランク落としたりして赤字にならないようにする場合もあるのです。そうなると耐久年数などに影響するので良くないでしょう。建築関係の仕事はお客様と請負者の信頼関係がとても重要です。仕事をお願いする時はよく話し合い納得してから依頼すべきで、むちゃな値引きなどは要求しないようにしましょう。

外壁塗装見積術テクニック

関連ページ

悪徳リフォーム業者の手口
外壁塗装でリフォーム業者はしっかり選ばないと大変!絶対に頼んではいけない悪徳リフォーム業者の手口について解説しています。
ハウジングメーカーに依頼する場合
外壁塗装でハウジングメーカーに依頼するケースは良く有ります。その際に失敗しないために注意しておくべきポイントについて解説しています。
手抜き工事の外壁塗装業者
外壁工事でこんな業者には頼みたくない!手抜き工事の外壁塗装業者を見破る方法など、手抜き工事業者対策について解説しています。
業者と自分でするのはどっちがお得?
外壁工事は自分でやってしまう?業者に依頼するのと自分でするのはどっちがお得なのかについて解説しています。
外壁塗装業者の仲介機関の存在
外壁塗装業者に直接頼む以外の方法とは?外壁塗装業者の仲介機関について解説しています。
信頼できる外壁塗装業者とは
これが依頼すべき外壁塗装業者です!信頼できる外壁塗装業者の特徴を解説しています。

▲TOP