外壁塗装にかかる時間

外壁塗装はどれくらいで工事が終わるの?外壁塗装にかかる時間について解説していきます。

外壁塗装にかかる時間

外壁塗装は塗布する壁面の面積を正確に把握したうえで、塗料の必要量を計算できます。塗料の用量が判明すれば、塗装に必要な作業時間も割り出せます。季節によって日照時間が異なりますので、夏と冬では一日あたりの作業時間に差が出てきますが、それぞれの季節に応じて、かかる時間を予測できます。

外壁塗装にかかる時間を把握するには、塗装そのものの施工時間と、施工日数がポイントです。夏は日照時間が長いので、一日あたりの作業時間を長く確保できるのが強みです。気温が高いので塗料も乾燥しやすいです。雨の日は外壁塗装の作業ができませんが、雨そのもののリスクは一年を通じてあります。

夏はゲリラ豪雨のように短時間で集中的に降水量が大きくなる傾向がありますので、雨の日は春や秋のほうが多くなる場合があります。外壁塗装の作業は、屋外が自然な明るさを感じられる時間帯だけですから、日照時間の短い冬は作業時間そのものを確保するのが大変です。

夜の時間が長くても、その時間帯に乾燥させられるので、日照時間の短さだけでは不利とは限りません。日照時間の短さと晴天を活かせれば、外壁塗装の仕上がりは高くなります。冬は気晴れる日が多いのもポイントです。冬で気をつけたいのが低温下における乾燥時間です。

基本的に低温下では、乾燥にかかる時間が長くなります。塗装の作業時間と、乾燥にかかる時間の両方を把握するのがポイントです。外壁塗装は住まいを守るうえでも大切な施工です。塗料が乾燥して塗膜になります。塗膜が長持ちするには、塗料だけではなく、塗料を塗布する下地も重要です。下地の作業時間も忘れないようにしましょう。

外壁塗装を安全に施工するには足場を組む必要があります。塗装作業の前に足場を組むのにかかる時間も忘れないようにしましょう。塗装が完了したら足場を外す時間も必要です。外壁塗装の業者と打ち合わせするときは、高圧洗浄にかかる時間も確認しておくと良いでしょう。念入りに高圧洗浄されたほうが、下地の完成度が高くなり、塗膜は長持ちしやすくなります。

外壁塗装見積術テクニック

関連ページ

外壁塗装の目的
外壁塗装はどんな意味があってどんな目的があるのか、そのする理由などを解説しています。
外壁塗装の耐用年数
外壁塗装の施工はどれくらいもって、どれくらいで塗り替えが必要になるのかなど時期などについて解説しています。
外壁劣化のサイン
外壁が劣化してくると、建物自体へのダメージが心配です。その劣化のサインはなにから汲み取ったら良いのかについて解説していきます。
外壁塗装の費用
外壁の塗装が劣化してきた、塗替えをしなきゃ!でも費用は…外壁塗装にはどれくらい費用がかかるのかを解説していきます。
外壁塗装のイメージをする
外壁塗装をすればどんな仕上がりになるんでしょう…外壁塗装で仕上がりに満足するためにイメージしておくという方法を紹介します。
外壁塗装の流れ
外壁塗装を依頼して、塗替え工事が完了するまでの流れについて解説していきます。

▲TOP