外壁塗装の耐用年数

外壁塗装の施工はどれくらいもって、どれくらいで塗り替えが必要になるのかなど時期などについて解説しています。

外壁塗装の耐用年数

家やビルなど建物の外観は人々に様々な影響を与えます。建物の中がどんなに立派でも、外観が汚いために近寄りづらくなってしまう場合もあります。また、外壁をしっかりと管理しないことで、建物の寿命を短くしてしまうこともあります。そこで重要なのが外壁塗装です。

 外壁塗装とは建物の外壁を修繕するときなどに行うもので、使用される塗料によりその耐用年数は異なります。具体的な塗料としては、アクリル樹脂塗料、ウレタン樹脂塗料、シリコン樹脂塗料、フッ素樹脂塗料などの塗料があり、それぞれ耐用年数は順に5から7年、10年、12から15年、15から20年となります。

現在ではアクリル樹脂塗料およびウレタン樹脂塗料は使用されておらず、一般家庭ではシリコン樹脂塗料が利用されています。フッ素樹脂塗料の場合、耐用年数は長いですが、その分費用が掛かるため、主に企業向けのものと認識されています。いずれの塗料を利用するにしても、大体10年前後を目安に耐用年数をとらえておくことが一般的です。

また上記で示した通り、外壁塗装の耐用年数は長くても20年くらいで、30年もつものは基本的に存在しません。しかし、近年、耐用年数30年と顧客を騙し、高額な費用を請求してくる悪徳業者もいるので、注意が必要です。そのため、このような基礎知識は大変役立ちます。

 また、マンションやアパート経営をしている方の場合、外壁塗装工事は修繕費として経費に計上できます。その際、耐用年数に応じ、経費に計上できる年数も異なるので、税金対策のためにぜひとも覚えておきたいポイントです。

 このように、外壁塗装の耐用年数は塗料により異なりますが、基本的には10年を目安に考えておく必要があり、30年以上のものは存在しません。このような知識があれば、悪質な業者にだまされることを避けることが可能です。さらに、塗料により、税金対策に大きく影響するので、外壁塗装工事の前にある程度の知識を頭に入れておく必要があります。

外壁塗装見積術テクニック

関連ページ

外壁塗装の目的
外壁塗装はどんな意味があってどんな目的があるのか、そのする理由などを解説しています。
外壁劣化のサイン
外壁が劣化してくると、建物自体へのダメージが心配です。その劣化のサインはなにから汲み取ったら良いのかについて解説していきます。
外壁塗装にかかる時間
外壁塗装はどれくらいで工事が終わるの?外壁塗装にかかる時間について解説していきます。
外壁塗装の費用
外壁の塗装が劣化してきた、塗替えをしなきゃ!でも費用は…外壁塗装にはどれくらい費用がかかるのかを解説していきます。
外壁塗装のイメージをする
外壁塗装をすればどんな仕上がりになるんでしょう…外壁塗装で仕上がりに満足するためにイメージしておくという方法を紹介します。
外壁塗装の流れ
外壁塗装を依頼して、塗替え工事が完了するまでの流れについて解説していきます。

▲TOP