外壁劣化のサイン

外壁が劣化してくると、建物自体へのダメージが心配です。その劣化のサインはなにから汲み取ったら良いのかについて解説していきます。

外壁劣化のサイン

外壁塗装の劣化には多くの原因があり、主に雨、紫外線、経年劣化です。雨は酸性の性質を持っているものが多いため外壁表面を侵してしまいます。さらに風を受けると劣化は一層激しくなってしまいます。また、毎日日光が当たりやすい南側は家の中で日光が当たる時間が短い北側に比べて影響を受けやすくなります。

カーテンなど窓際にあるものが紫外線で色あせしたり繊維がボロボロになったりするのと同様に外壁もダメージを受けます。前回外壁を塗装してからの年数に応じて劣化が起こる経年劣化は雨や風、紫外線の影響の他にも家の壁に入ったヒビなどが影響してしまいます。しかし、毎日生活している家ではヒビが入ったというようなわかりやすいものではなければなかなか劣化が見抜けません。外壁劣化のサインを見逃さないようにすることが重要です。

1つ目のサインは艶がなくなることです。新しい外壁はピカピカ光っているというわけではなくても艶があるものです。それが失われてしまい艶のない外壁になってしまいます。2つ目のサインはチョーキングです。

外壁表面の劣化の初期症状だと言われているチョーキングは、外壁に触れると手に白い粉のようなものがつきます。埃ではないかと思うかもしれませんが、実際には外壁の表面が細かい粉上になってしまっているのです。チョークの粉のようだということでチョーキングと呼ばれています。

紫外線に長期間当たり続けたことによって塗装の被膜が上手く働かなくなり、塗装の中に含まれている顔料が浮かび上がってきている状態です。酷くなると壁が膨れたり剥がれ落ちて来たりします。3つ目はカビや苔が外壁に生えてしまっていることです。

特に日の当たりにくい場所は水はけが悪くなっているのですが、外壁にカビや苔が生えているということはそこにたっぷりの水分があるということです。その状況が長く続いているというサインになります。

これらのサインに気づいたら、すぐに外壁塗装をやり直すことで家の寿命を長くすることができます。

外壁塗装見積術テクニック

関連ページ

外壁塗装の目的
外壁塗装はどんな意味があってどんな目的があるのか、そのする理由などを解説しています。
外壁塗装の耐用年数
外壁塗装の施工はどれくらいもって、どれくらいで塗り替えが必要になるのかなど時期などについて解説しています。
外壁塗装にかかる時間
外壁塗装はどれくらいで工事が終わるの?外壁塗装にかかる時間について解説していきます。
外壁塗装の費用
外壁の塗装が劣化してきた、塗替えをしなきゃ!でも費用は…外壁塗装にはどれくらい費用がかかるのかを解説していきます。
外壁塗装のイメージをする
外壁塗装をすればどんな仕上がりになるんでしょう…外壁塗装で仕上がりに満足するためにイメージしておくという方法を紹介します。
外壁塗装の流れ
外壁塗装を依頼して、塗替え工事が完了するまでの流れについて解説していきます。

▲TOP