屋根のリフォームについて

外壁塗装と一緒に行うと効率が良いのが屋根のリフォーム!屋根のリフォームのポイントについて解説しています。

屋根のリフォームについて

屋根のリフォームを、いつ行ったら良いのか判断に迷ったときは、塗装業者に相談しましょう。塗装業者の視点で塗膜の現況を精査してもらえます。無料の見積りの範囲内でも、塗膜の劣化状況を把握できます。

屋根の塗装が、はげてしまっていると雨漏りの危険性が高まります。屋根の塗装は、定期的にメンテナンスを実施するのが理想的です。屋根の再塗装を施工するときは、塗装だけで完了するよりも、塗装後のアフターメンテナンスを実施しているか確認したうえで、定期的にメンテナンスを依頼すると良いでしょう。屋根のリフォームを実施するときは、足場を組みます。

足場を組むには費用が掛かりますし、組み立てにも時間を要します。足場を組む必要のある工事は、同時に実施したほうが経済的にお得になります。屋根のリフォームと同時に外壁塗装を施工してもらえば、一石二鳥です。同じ足場を利用して施工してもらえます。屋根の塗膜が激しく劣化している場合は、塗膜の下地にも劣化が進んでいることが多く、屋根材も傷んでしまっていると考えたほうが良いです。

屋根の再塗装の前に必ず高圧洗浄しますので、屋根材の劣化も確認できます。劣化具合によっては屋根の修理も行なってもらいましょう。屋根の修理を行なうにも足場が必要不可欠です。屋根と外壁を同時に新しい塗料で塗装してもらえば、漏水トラブルを防止するのにも効果的です。

屋根と外壁は連動させて、同時に工事したほうが、隙間や亀裂を完璧に修繕できるからです。外壁塗装は風雨から住まいを守るために重要な施工です。外壁に亀裂が発生したままにしていると、亀裂から雨水が浸入し、壁材の内部に雨漏りが発生します。屋根の修理をしているのに雨漏りしてしまう場合は、外壁から浸水している可能性が高いです。

屋根の修理と外壁塗装を同時に組み合わせることで、雨漏り予防の効果は高まりますので、仮にどちらか一方だけでも施工を検討しているのなら、両方同時の工事も検討しましょう。

外壁塗装見積術テクニック

関連ページ

外壁塗装と一緒にしたい工事
外壁塗装と併せて行うことがおすすめの工事について解説していきます。
屋根のリフォーム費用
屋根のリフォームにはどれくらいコストがかかるの?リフォーム費用の現状について解説しています。

▲TOP