外壁塗装と一緒にしたい工事

外壁塗装と併せて行うことがおすすめの工事について解説していきます。

外壁塗装と一緒にしたい工事

外壁塗装を安全かつ正確に施工するために足場を組む必要があります。外壁塗装と同じタイミングで、同じように足場を組んで作業したほうが良い工事を依頼すると、一つの同じ足場を共有できるので経済的です。

木造建築の一戸建ての場合は、外壁の塗膜と屋根の塗膜が、ほぼ同時に劣化していることが多いので、外壁塗装だけを希望する場合でも、屋根の現況を把握してもらうと良いでしょう。塗装業者は外壁塗装と屋根塗装を同時に見積りしてくれます。屋根の塗膜が劣化していると、雨漏りの原因になりますので屋根のリフォームも同時に施工できないか検討しましょう。

外壁塗装では、まず古い塗膜を除去し、外壁材を高圧洗浄し、下地を整えてから新しい塗料を塗装します。屋根塗装も同様に、古い塗膜を除去し、屋根材を高圧洗浄します。このときに屋根材の破損や損傷が見つかれば、屋根の修理を同時に施工できます。屋根の塗装は、屋根材を整える要素も含まれています。

工事に含まれる施工内容は、業者に確認しましょう。屋根のリフォームは住まいを長持ちさせるうえでも重要です。屋根からの雨漏りが発生してしまうと、壁材の内部に漏水して壁材と断熱材を劣化させてしまいます。雨漏りしている箇所や屋根材の損傷している箇所を放置したまま再塗装を施工しても、塗膜が新しいのに雨漏りや漏水のトラブルが発生するリスクが高まります。

雨漏りトラブルは、屋根材からの漏水と、外壁の塗膜の亀裂からの漏水の二種類があります。屋根の修理を行なって雨漏りの原因を解決しておけば、屋根の再塗装の効果も長持ちします。屋根の高圧洗浄も、外壁の高圧洗浄も、同じ足場を利用できるので経済的です。同じ足場を利用できるので、施工日程の面でもお得です。

築年数の経過により、明らかに塗膜が劣化している場合の外壁塗装であれば、屋根の劣化も想定してみましょう。外壁は確認しやすいのですが、屋根は専門業者でないと確認が容易ではありません。外壁塗装と一緒に屋根の修理を含めた屋根のリフォームも見積もり内容に含めておくと、施工の日程を決めるときにスムーズです。

外壁塗装見積術テクニック

関連ページ

屋根のリフォームについて
外壁塗装と一緒に行うと効率が良いのが屋根のリフォーム!屋根のリフォームのポイントについて解説しています。
屋根のリフォーム費用
屋根のリフォームにはどれくらいコストがかかるの?リフォーム費用の現状について解説しています。

▲TOP